寝違い 30代女性

症状

朝起きると首を後ろに倒すのと左に回すと首に鋭い痛みが出るとの事。他の方を往診した際に、いらしていた方と話していたら首に痛みがあるとの事で診させて頂きました。

検査

胸椎の丸さが強い⇒胸椎から頚椎への移行部に負担がかかっていて動きが悪くなっているため痛みを引き起こしている可能性があります。
頚部の筋肉の緊張⇒筋肉の緊張もあったため、筋肉性の寝違いかとも考えたのですが、筋肉を収縮させても痛がでないことと、筋肉の制限が始まる手前で痛みが起きている事から関節性の問題だと判断しました。
上部頚椎の動きの制限⇒目の水平性を保つためにはこの部分の動きが重要なのですが、上部頚椎の動きが悪くなると下部頚椎や上部胸椎への負担が大きくなるため改善する必要性があります。

施術

上部頚椎にスティルテクニックを行い、他の部位への負担を軽減。
肋骨に弱いアーティキュレーションを行い、頚部の筋肉の緊張の緩和。
頚椎の6番目と7番目の間の関節面の問題が考えられたため、その部分を離解させた状態で首を動かしていただき、動きの改善。

施術効果とコメント

症状から離れた部位からアプローチして局所の緊張を軽減してから、問題の関節面の動きの改善を図りました。今回の場合は関節面の動きの改善のみで症状の緩和がみられた為、急性の問題ということもあり過剰な施術は行いませんでした。

ただし、頚椎を離解して行なうセルフモビリゼーションをクライアントの方に覚えていただき、2回/日行なっていただきました。

3日経った昨日、様子を伺ったところ、痛みが完全に改善しているとのことでしたので、そのまま様子をみて頂くことにいたしました。

今回のように単純な関節面からの痛みの場合は、自分で行なうモビリゼーションが効果的に働く事が多いため、今後は関節性の痛みでセルフモビリゼーションに良い反応が出る方には積極的に指導していこうと考えております。